OAP40周年記念 特設ページ

キーイメージ

皆様をささえ、皆様にささえられて40年。大阪アパレル物流協議会は設立40周年を迎えました。

ご挨拶OAP会長 牧 邦彦

日本経済は本年年明けからの26年ぶりの株価高騰等、マクロ経済の好調が続いています。しかし私どもアパレル業界においては、引き続くカジュアル化・製品単価の下落が続くとともにインターネット通販の急激な拡大により百貨店、量販店、専門店、ショッピングセンター等伝統的小売りチャネルの衰退傾向が止まらない状況にあります。

またアパレル物流に目を転じると、引き続く幹線等長距離ドライバーや宅配便膨張を契機とした輸配送を担う人材の恒常的な不足、また各社物流センター等倉庫内で従事頂く従業員の皆様方の不足、最低賃金の継続的上昇など労務問題が各社様の経営に重大な影響を与えています。

ついては労務費や輸配送費の増大をはじめ、各社様のSCMコストは今後しばらく増大傾向が続くことが見込まれています。一方ロボティクスやAI、IOTの導入活用、自動運転への挑戦など、人材不足や少子・高齢化による人口減少への対応策としての最新技術が勃興してきていることも注目すべき状況ととらえています。このような経済環境のなか、大阪アパレル物流協議会(以下OAP)は本年2018年に創立40周年という節目を迎えました。OAPが40年という長きにわたる活動を続けられてき たことはひとえに会員企業の皆様、また賛助・後援の各会員企業の皆様をはじめ、各小売り事業者の皆様、各種関連団体様や行政、学術関係の皆様方の絶大なご支援、ご協力の賜物とあらためて深く感謝申し上げます。

設立40周年記念誌ダウンロード

OAPの歴史

  • 1978

    昭和53年4月21日
    大阪アパレル物流連絡会設立

  • 2008

    活動方針「原点である共通化・共同化・共有化・標準化・統一化を目指す」

    第31回OAP定時総会開催(日本綿業会館)、会則改定
    講演会:「出会った瞬間に相手を掴む接客の極意」
    武蔵野学院大学客員教授 いとう伸氏

  • 2009

    活動方針「情報及びシステムの標準化・共有化・同時化・共同化を推進する」

    OAP改善活動表彰制度開始

  • 2010

    活動方針「情報及びシステムの標準化・共有化・同時化・共同化を推進する」

    第33回OAP定時総会開催(日本綿業会館)
    講演会:「腰痛を防ぐコンディショニングの実際」
    (医)貴島会ダイナミックスポーツ医学研究所 土井龍雄氏

  • 2011

    活動方針「情報及びシステムの標準化・共有化・同時化・共同化を推進する」

    OAP35周年記念事業「ベトナム流通事情視察研修ツアー」開催

    history-img04
    第34回OAP定時総会開催(日本綿業会館)

  • 2012

    活動方針「情報及びシステムの標準化・共有化・同時化・共同化を推進する」

    第35回OAP定時総会開催(日本綿業会館)、会則改定
    講演会:「未知への挑戦・失敗を乗り越えて」
    ~物流システム開発とサービス・イノベーション/東チベット・ロプチン峰初登頂~
    (株)ダイフク研究・研修センター取締役会長 井上達男氏

    賀詞交換会開催(日本ユニシス) 亀山つとむ氏による講演「ベースボールから学んだ事!」

    第35回OAP定時総会
    第35回OAP定時総会

    賀詞交換会
    賀詞交換会

  • 2013

    活動方針「情報及びシステムの標準化・共有化・同時化・共同化を推進する」

    公正取引委員会「表示カルテル」申請&受理

    日本アパレル・ファッション産業協会主催 第2回 消費税座談会出席

  • 2014

    活動方針「組織力、発言力の強化を通して会員企業の経営に寄与する」

    日本アパレル・ファッション産業協会 物流小委員会

    JAFIC共同段ボール 関西地区での進捗状況等報告

  • 2015

    活動方針「商況変化に的確に対応し会員企業の経営に寄与する」

    「OAP沖縄物流施設視察会」実施

    第38回OAP定時総会開催(大阪市中央公会堂)
    講演会:「KPI指標に基づく物流改善活動」
    (株)ロジスティクス・サポート&パートナーズ 常務取締役 石橋岳人氏

     第38回OAP定時総会
    第38回OAP定時総会

  • 2016

    活動方針「実質的な活動で会員企業、業界の発展に貢献する」

    第16回NAP定時総会出席
    講演会:「懸命に生きる人々 ~日本人こそ学んで欲しい~」
    一般社団法人アジア支援機構 代表理事 池間哲郎氏

    第14回自動認識総合展 大阪 ブース出展(マイドーム大阪)

    第39回OAP定時総会
    第39回OAP定時総会

    第16回NAP定時総会出席
    第16回NAP定時総会出席

  • 2017

    活動方針「変化に対応し会員企業、業界の発展に貢献する」

    第40回OAP定時総会開催(日本綿業倶楽部)
    講演会:「次世代の再生エネルギー」
    日本環境設計(株) 代表取締役会長 岩元美智彦氏

    第40回OAP定時総会
    第40回OAP定時総会

これからのOAP

これまでのOAP活動を振り返ると、近代の百貨店流通BMSの起源とも言えるロビネス構築の取り組みや現在に至るまでの活動の中心でありOAP活動の原点ともいえる共同配送の拡大などをはじめとする「物流の標準化、共同化、規格化」へのたゆまぬ取組みでした。さらに未来を見つめた環境対応や人材育成へのトライであり、これらを通して日本国内のアパレル物流サプライチェーンを支える各企業様の経営に寄与し、また業界構造の近代化と合理化に寄与するという大きな目的を果たすための活動であったと考えます。これら活動が社会的に一定の評価を得てきたのは、歴代役員の方々をはじめとする諸先輩ならびに関係者の皆様方のご努力の賜物とあらためて深く敬意を表する次第です。

さて近年OAPでは、以下の具体的な活動をすすめてまいりました。

  • 流通BMSの定期的観測と迅速な情報提供
  • 消費税改訂時の合法カルテル結成等による値札システム変更費用のメーカー側一方的負担に対する回避措置実行
  • JAICS-L(送り状レスシステム)の拡大支援
  • RFID(電子タグ)運営の現場視察等先端情報の共有
  • アパレル共同ダンボールの業界内への浸透支援と推進
  • EC通販ビジネスや各種システムの視察活動を通した課題共有と情報提供
  • 百貨店様、チェーンストア様との情報交換会を通じた小売り事業者物流関係者の皆様との親密な関係強化
  • 東京アパレル物流連絡会(TAP)、中部アパレル物流連絡会(CAP)、関西ファッション連合、日本アパレル・ファッション産業協会(JAFIC)等関係機関、 団体様との共催活動や連携、支援、協力

さらにOAPはこれからも、会員企業様のSCM(サプライチェーンマネジメント)における課題を克服するための有益な情報・施策を発信し続けるとともに、行政、関係諸機関、小売り事業、運輸関係企業、その他物流関係者との大きな連携を通じて社会課題解決の一端を担う活動を力強く継続してまいります。今後とも関係各位の皆様からの一層のご支援、ご協力を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

記念座談会

座談会テーマ

「国内アパレル物流の課題と今後の展望」

パネリスト

三藤慧介氏

三藤 慧介 氏(経済産業省 商務サービスグループ 物流企画室 室長補佐)

北條英氏

北條 英 氏(日本ロジスティクスシステム協会 JILS総研)

浜崎章洋氏

浜崎 章洋 氏(大阪産業大学 経済学部 商学科 教授)

遠藤孝顕氏

遠藤 孝顕 氏(日本アパレル・ファッション産業協会 事務局長)

井手上文一氏

井手上 文一 氏(東京アパレル物流連絡会 会長)

牧邦彦氏

牧 邦彦(大阪アパレル物流協議会 会長)

座談会全景

司会進行

落合 涼二 氏(物流ニッポン新聞社 大阪支局長)

ムービー

ページの先頭へ